« 手相鑑定 | トップページ | 大幅下落 »

2004.10.24

週刊人体と菊花賞

人体の不思議展に行ってきた。プラストミック標本という新しい技術で、常温で半永久的に保存できる画期的な人体標本が展示されているという。

身体のスライスとか、血管を樹脂で固めた標本とか、まぁこれがホンモノだと思うと箸が進まないが、思ったより生々しいものではない。

内臓の標本を見ていたら、おそらく医者と思われる御仁が隣にいた。連れの女性に「これって実際にこんな感じなの?」と聞かれ、「いやぁ、モノホンとはちょっと違うね。モノホンはねぇ・・・」とか薀蓄ぶっていた。「モノホン」ってねぇ(笑)

それはそうと、今日は菊花賞。その昔は競馬にハマっていた時期もあったが、今はGIを買う程度のライトファン。一応PATには加入してるけど(笑)。菊花賞は難しかったので、穴狙いで1,000円だけ買った。

そんな某(それがし)の穴の軸馬は18番デルタブルース。相手は素直に1~5番人気に流し、各200円、馬連で5点買った。

そして人体の不思議展から帰ってきて結果を見ると、

041024_kikka_show.png

おお!まじかよ18番デルタブルース1着に来てるよ!
そして2着は、おお!4番人気のホオキパウェーブ!もしかして万馬券獲れちゃった?

実は家を出る前、ちょうどお昼頃のオッズで見て、機械的に1~5番人気に流しただけなので、自分で何を買ったか覚えていない(笑)。そもそもハナから獲れるとは思ってなかったので特に買い目を控えてもいなかった。

IPATはレース開催時間中しか照会ができないというウンコ並の仕様なので、獲れたかどうかを確認するには、記帳に行くしかない。

ということで、結果が分かるのは明日か明後日だ。もし獲れていれば、株のマイナス分を少し穴埋めできる(笑)

|

« 手相鑑定 | トップページ | 大幅下落 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30332/1763808

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊人体と菊花賞:

« 手相鑑定 | トップページ | 大幅下落 »